地域課 TEL044-935-5500
FAX044-911-8119
あんしんセンター TEL044-933-2411
FAX044-911-8119
〒214-0014川崎市多摩区登戸1763ライフガーデン向ヶ丘2階
ボランティア

ボランティアの基礎知識


ボランティア活動を始める前に
次のことを知っておきましょう!

ボランティアって何だろう?

ボランティアはだれもが人間らしく豊かに暮らしていける社会を目指し、身近なところでできることを自らすすんで活動することです。
ボランティアには、大切な4つの原則があります。

①『自主性・主体性』

他から強制されたり、義務としてではなく、自分の意思で行う活動

②『社会性・連帯性』

誰もがいきいきと豊かに暮らしていけるように、お互いに支えあい学び合う活動

③『無償性・無給性・非営利性』

金銭的な報酬を期待して行う活動ではありません。お金で得られない出会いや発見、感動、喜びを得ることができる活動

④『創造性・開拓性・先駆性』

今、何が必要とされているのかを考えながらよりよい社会を私たちで創る活動
誰もが人間らしく豊かに暮らしていける社会を目指し、身近なところでできることを自らすすんで活動することです。

ボランティアを探そう!

多摩区ボランティアセンターの相談窓口
多摩区社会福祉協議会のボランティアセンター窓口でご希望や条件等をお伺いして、活動のアドバイスをいたします。

多摩区のボランティア情報誌『たまぼら』
奇数月発行。福祉パルたまや行政ほか関係機関に設置しています。

ホームページ
多摩区社会福祉協議会のホームページでもボランティア情報を掲載しています。

ボランティア活動の心構え

①約束を守る

当然のことですが、活動にあたって時間や約束は守ることは大切です。連絡もなしに、遅刻したり、勝手に休んだりすることは、人との信頼関係を損ないます。

②秘密は守る

個人のプライバシーを守ることはとても大切なことです。活動中に知った個人的な情報を他人に漏らすことは厳禁です。
責任ある行動で信頼関係をつくりましょう。

③対等な関係を

「してあげる?」、「してもらう?」こんな関係では対等と言えるでしょうか?ボランティアは、やりたいからやる活動です。
上下関係を示すようでは、活動は長続きせず、お互いの関係も良くなりません。

④できること・できないことははっきりと

ボランティア活動を継続するには、無理をしないことが大切です。自分の生活や体調まで崩してしまうような活動は好ましくありません。
自分の出来るときに、出来る範囲で行うのがボランティアです。何でもやりすぎてしまわず、出来ない時は出来ないと断る勇気も必要です。

⑤相手のニーズに合わせて活動する

相手の出来ることまでやってしまうボランティアを見かけることがあります。相手の出来ることまでサポートする必要はありません。できない部分をできるようにサポートすればよいのです。できる部分を大切に。

⑥安全には気をつけましょう

怪我をしたり、させないように気をつけましょう。万が一の事故のために、ボランティア保険の加入しましょう。
詳しくはお問合せください。

新着情報

過去記事一覧

PAGE TOP